子供の睡眠不足でどうなってしまう?さまざまな悪影響について

私達、大人が睡眠不足になるだけでも様々な影響があり脱却するのは大変ですよね。
そんな中、自分の我が子が睡眠不足になったら日々の生活にどんな悪影響があるのか心配になると思います。
子供が睡眠不足になると様々な悪影響が出ると言われています。
そこで今回はその代表例を挙げていきます。

まず、一番の問題は子供の成長過程において必須な学習能力、学力の低下です。
睡眠不足になると一日分の脳の休息をしっかり取る事が出来ない為、疲労が蓄積されていきます。
脳は活動を休止してしまう為、授業に集中出来なくなってしまいます。
すると記憶力ややる気に影響が出始め、学力は低下していきます。
その為、学力向上には安定した睡眠が必須となります。

また、睡眠不足が続くと成長の妨げにもなると言われています。
なぜなら、睡眠中に分泌される成長ホルモンが私達の脳や体の発育を助けているからです。
睡眠不足になるとこの成長ホルモンの分泌量が減ってしまい、妨げになります。
多く分泌する為には、適切な睡眠時間と質のいい睡眠を取る事が大切となります。
他にも、睡眠不足になると集中力が低下します。
私達大人がお酒を飲むとほろ酔い気分になりますが、それと同じ状態にまで子供の脳の働きが低下してしまうのです。
集中力が低下するだけでなく、注意力も疎かになるので注意が必要です。
子供の睡眠不足は成長過程の大事な時期に様々な悪影響を引き起こします。
親御さんが少しでも気にかけてあげる事で、防げたりもするのでしっかりと向き合っていく事が大事です。