十分な睡眠時間は何時間必要になるの?睡眠不足脱却への道

睡眠不足になると、様々なトラブルを引き起こします。
睡眠不足から脱却するためには一体どのくらいの時間、また最低でも眠らなきゃいけないのでしょうか。

一般的に私達の平均睡眠時間は六時間から九時間である為、理想的な睡眠時間は六時間から七時間だと言われています。
ですが、これは睡眠不足にならない睡眠時間とは言えません。
なぜなら、一日に必要な睡眠時間は人によって異なるからです。
睡眠の質は大きく分けて、三つのタイプがあります。
一つ目はショートスリーパーと呼ばれるもので、六時間未満の睡眠で脳の休養が完了する人です。
二つ目はロングスリーパーと呼ばれるもので、睡眠時間が九時間弱必要な人となります。
最後に一般的に多くの人が当てはまる、バリュアブルスリーパーと呼ばれるものです。
これは全体の八割から九割の人が当てはまります。
このバリュアブルスリーパーは、私達の睡眠時間と比例します。
この様に人によって様々なタイプに分かれる為、適切な睡眠時間は異なるのです。

では、理想的な睡眠時間は個人差があったとしてもその質はどうなのでしょうか。
理想的な睡眠の質は、寝て起きた時に十分寝た、と実感を得ることが出来る事です。
その後、一日快適に過ごせれば睡眠の質は良いと言えます。
ですが、日中に眠気を感じるようであれば十分に休めている状態ではないので見直すことが必要になります。
理想を追い求めるのではなく、自分自身にあった形を見つけていく事が大切です。